標準

FXは、決済タイミングが全てで

今の世界経済のバランスは、
通貨の流通によって保たれているとも言えます。

1つの国の通貨レートが下がると
どこかの国の通貨が上がっていくなんてありますよね。

バランスが崩れる要因には、
石油王国の中東で内乱が起きたりすることや
世界の超大国アメリカが、
新しい経済政策を打ち出したときなどです。

ですから通貨の売買で利益を上げるFXとしては、
ここぞと言うときの売買の決済タイミングが重要で、
一歩早まったり遅れたりすると利益を出すどころか、
大きな損金を生むことになりかねないのです。

FXでは、90%の人が損をして、
10%の人が儲かる仕組みなのだそうですから、
決済のタイミングを旨くすると自分にも勝てるチャンスがやってくるのです。

チャートを活用して動きをすばやく
読んでいけるとラッキーチャンスが
転がりこんでくるのだそうです。

標準

為替の動きを予測する面白さ

相場市場への投資には資金が必要ですが、
少ない資金で始められうのがFX。

今やパソコンは情報を入手する手段として欠かせませんが、
得た情報を基に投資へのチャレンジができるのが
外貨を売買できるFXです。

FXトレードには、
ペアー通貨を設定から始まりますが、
最もポピュラーなペアー通貨としては、
米ドルと日本円です。

次は刻々と動いていく為替情報が
サイト上でチャート化されてでてきます。

そのチャートを見ながら
テクニカル分析をしながら
今後のレートの動きを予測していくのですが、

テクニカル分析をしていって、
出てきた予測にプラスして
ファンダメンタルな動きを重ねて行かないと

本当の予測とならないのが、
FXの難しいところです。

為替の動きを予測するには、
あらゆる角度からの分析をしていくのが、
FXの面白さに繋がるのです。

標準

リスク管理をするのが、FX

何事を始めるにもリスクは、伴ってきますよね?
私は営業マンですから、お客様のもとへ売り込みに出かけていくのが日課です。

でも営業の仕事では、絶えずリスクが伴ってきます。
売り上げを延ばすために、新商品を買い込んだですが、
一向に売れていかないというリスクです。

それと同じことが、私が趣味で始めたFXでもリスクが伴ってきます。
ちょっと冒険をしてレバレッジを掛け過ぎてしまって、
旨く伸びていけば、リスクは解消されますが、
失敗すれば損をしてしまうというリスクです。

ですから、何事へもリスクは伴ってきますが、
そこで考えなければならないのは、
リスク計算が大切になってくるのです。

ここでいうリスク計算とは、
失敗してもなんとかなるという読みとなってくるのです。